地図情報 AiN ICICニュース 一般向き商品          

地図情報 Vol.27 No.3 通巻103号 「学校教育における郷土学習と地図」

〔表紙解説〕
豊島区郷土すごろく<
 『豊島区郷土すごろく』は豊島区親子読書連絡会の親と子が、豊島区内を実際に歩いて作りました(1998年)。先輩たちが作った『豊島区郷土かるた』(1984年)の名所旧跡を自分たちも歩いて確かめようと、「かるたと訪ねるいちにっさんぽ」と名づけて4回に分けて廻ったものです。絵は現地で描いたものも含め、4歳児、小学生から母親までが参加しました。
 親子読書会で日本各地のむかし話に触れた子どもたちが、「豊島区にもむかしはあるの?」という疑問を持ったことから、私たちの郷土史との関わりが始まりました。この後に作った『豊島区郷土すごろくガイド としま区いちにっさんぽ』(2000年)と合わせて、郷土史3部作となっています。
 多くの人に楽しんでもらおうと保育園、幼稚園、小学校、中学校、老人施設などにもお贈りしました。
(豊島区親子読書連絡会代表 小林和子)


特集○学校教育における郷土学習と地図

巻頭随筆
 「郷土」の地図を作る学習

特集 学校教育における郷土学習と地図
 福島県の郷土学習−会津漆器業を例として−
 東京の郷土学習−荒川区を例として−
 新潟県上越地方の「郷土・身近な地域」学習にみる地図活用
 愛知県の郷土学習と地図
 京都における郷土学習のあり方と可能性
 広島県の郷土学習と地図学習

特別寄稿
 報告/ロシア地図学代表作展

文献紹介
 『地図で暮らしを読む 東京の昭和』
 『現地の人がすすめる! 北京・上海』

地図情報センターからのお知らせ
 平成19年度上半期報告
 資料室番外編

資料室
 2007年7月〜9月データ
「諏訪郡地圖」と解説
個人情報保護方針 | お問い合わせ | 情報公開資料